【背中の痛み.com】〜筋肉疲労・筋肉痛〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
senakanoita3★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは背中の痛みの原因となる、筋肉疲労や筋肉痛について詳しく説明しています。

背中の筋肉は人間の体の中でも重要な筋肉で、背筋が弱ってくると姿勢は悪くなってきます。それに加えて背中の筋肉は自身が自覚している以上に、強大な力を常に発揮している筋肉ですので、意外と疲労も溜まりやすく疲れやすいのです。年齢と共に腰が曲がってくるのは、背骨を支える背中の筋肉が弱まって、背骨を引っ張っておくことが出来なくなるからというわけです。

また背中の筋肉は急に一方向に力を加えたり、長時間に渡って無理な姿勢を取り続けることに弱く、急速に捻じったり無理な態勢を続けると筋肉に疲労がたまって炎症を起こして筋肉痛が生じてしまいます。この例で最も多いのが肩こりと寝違えです。
慢性的な肩こりの大半は「血行不良」が原因です。無理な力が加わり続けることで血行が悪くなり、血行が悪いということは筋肉に酸素や栄養が十分に行き届かない上に、乳酸などの疲労物質が流れずに留まります。すると段々筋肉が硬くなってしまい肩こりになってしまうわけです。
また寝違えも同様に、無理な態勢で負荷が加わり続けることで、筋肉が炎症を起こして硬直してしまうものです。

日常的に起こる背中の痛みの多くは、これら筋肉疲労や筋肉の炎症による痛みです。筋肉の痛みであれば長くとも1週間もあれば自然と治るのですが、それ以上に渡って続く場合は筋肉以外の所が原因の可能性が高まります。また筋肉以外の原因であれば、最悪の場合死に至る病気の症状として現れていることもありますので、自身の背中の痛みにはくれぐれもご注意ください。


⇒ 神経系疾患

⇒ 呼吸器系疾患

⇒ 消化器系疾患

⇒ 泌尿器系疾患

⇒ 循環器系疾患

⇒ 生殖器系疾患


sponsored link



copyright©2013  【背中の痛み.com】〜左右の背部痛と原因〜  All Rights Reserved