【背中の痛み.com】〜消化器系疾患〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
senakanoita3★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは背中の痛みの原因となる、消化器系疾患について詳しく説明しています。

背中の痛みを伴う病気に、消化器系疾患があります。消化器系疾患とは、食道や胃、肝臓や膵臓から小腸大腸などの消化器に起こる病気です。

胃炎・食道炎
胃炎とは胃の粘膜に炎症が起きている状態です。食道炎とは食道に炎症が起きている状態で、食道へ胃酸が逆流して起こるものを逆流性食道炎と言います。胃炎や食道炎の症状は主に腹痛ですが、この他に吐き気や嘔吐、食欲不振や倦怠感などが挙げられ、稀に背中から腰辺りにかけて痛みを感じることがあります。症状が酷くなると、びらんや潰瘍、吐血や下血を伴うこともあります。

胃・十二指腸潰瘍
潰瘍とは皮膚や粘膜の組織が破壊され、ただれている状態のことを指して言います。胃酸は強い酸性で、胃内を常に酸性で保ちながら、消化物を溶かす事と消化物の腐敗を防ぐ事の2つの役割を持っています。この胃酸の働きに不具合が生じることで胃の粘膜を傷付けてしまうと、胃潰瘍になってしまいます。そして十二指腸も同じく胃酸によって粘膜が傷付けられることで十二指腸潰瘍になってしまいます。症状としては胃炎とほとんど同じ症状が主ですが、特に十二指腸潰瘍の場合には背中の痛みがよく現れます。

肝炎・肝硬変・肝臓がん
肝臓の病気でも背中の痛みが起こる場合があります。肝炎は肝臓に炎症が起こっている状態のことで、肝硬変は肝炎が慢性的に続き硬く変化してしまった状態、さらに肝臓の機能が低下してしまうと肝不全となり、肝臓がんは肝臓に悪性の腫瘍が出来た状態を言います。
これら肝臓の病気の場合も腹痛が多いのですが、背中から腰辺りの背部痛が見られることも少なくありません。

膵炎・胆嚢炎・胆石症
膵臓に炎症が起きている状態を膵炎、胆嚢に炎症が起きている状態を胆嚢炎と言います。膵臓は消化に必要不可欠な膵液を生成していて、胆嚢は肝臓で作られた胆汁を備蓄する役割を持っています。胆石症とは、この胆嚢に結石が生じて起こす障害のことを言います。これらの疾患の症状で多いのは脇腹の痛みですが、背中の痛みを感じるという方も少なからず居ます。

腸閉塞・腸捻転
腸閉塞とは文字通り腸が閉塞してしまった状態で、腸内が狭くなったり詰まってしまい、腸内で消化物が滞ってしまう病気の事です。別名「イレウス」とも呼ばれています。腸捻転は腸閉塞の一種で、何らかの原因によって腸が捻じれてしまっている状態です。どちらも症状としては腹痛もしくは背中の痛みが挙げられます。


⇒ 筋肉疲労・筋肉痛

⇒ 神経系疾患

⇒ 呼吸器系疾患

⇒ 泌尿器系疾患

⇒ 循環器系疾患

⇒ 生殖器系疾患


sponsored link



copyright©2013  【背中の痛み.com】〜左右の背部痛と原因〜  All Rights Reserved